製品・技術紹介

UVとは?

紫外線殺菌装置

紫外線は太陽のように自然に存在するもので、家庭やオフィスの蛍光灯のように一般的なものです。紫外線はX線と可視光線の間の波長で、電磁波の一部として自然に発生し、とてもエネルギーの高い光ですが、波長が短いため人の目には見えません。紫外線の波長は40〜400ナノメーターで、その中の250〜265ナノメーターの波長が殺菌の目的に最も有効です。
 適切な強度の紫外線は水を媒介とするすべての有害なバクテリアやウイルス、菌や藻を破壊するパワーがある一方、塩素のように有害物質(トリハロメタン等)を副生成することがありません。残留性もないので、人体や環境に害を与えることもなく、安心です。

紫外線殺菌のメカニズム

紫外線殺菌のメカニズム

適切な波長で適切な量の紫外線は、有機体の核の中のDNAに吸収されます。吸収された紫外線は細菌のDNAの遺伝コードを破壊することによって細菌を不活性化させます。正しいDNAコードがなくては細菌は増殖することができなくなります。増殖することができなければ害を及ぼすことも不可能となり、実質的には死滅したも同然となるわけです。

<塩素殺菌との比較>

比較項目 紫外線 塩素
ウイルスの不活性化 良い やや劣る
水性生物への毒性 無い 有り
有害物質副生成 無い 有り
残留性 無い 長い
アンモニアとの反応 反応しない 反応する
色度除去 無い 効果ある
溶存物質の増加 無い 有り
接触時間 短い 長い

紫外線殺菌の特長

●安全です。

過剰注入や残留物による取扱の危険性がなく、また副生成物を形成することがないので、人体や環境に影響を与えません。塩素のような臭いや刺激がありません。

●コンパクトです。

接触時間が少ないため、コンパクトな装置で済みます。既存の配管に簡単に設置可能です。

●経済的です。

コンパクトで、紫外線による劣化に強いPVCを使用した装置は計量で長持ち、経済的です。イニシャルコストを抑えることができ、また薬品を使用しないので、ランニングコストも軽減できます。
 ステンレスでさえ腐食を起こす海水へのアプリケーションにPVCは最適です。

●確実な殺菌効果があります。

大腸菌類の殺菌のみならず、ウイルスの不活性化にも効果があります。

アプリケーション例

飲料水・動物の飲料水・漁業用養殖用水・水族館・清涼飲料水・ビール工場・工場内清掃用水・クーリングタワー・歯科医院消毒水・食品工場・病院・レストラン・プール・浴場・上下水処理施設・各種産業排水処理施設等での実績があります。

アプリケーション例

光酸化装置

オゾン発生器とUV装置(254nm)の組み合わせにより、OHラジカル(フッ素に次ぐ強力な酸化力を持つ物質)を発生する"光酸化装置"を構成することができます。OHラジカルの強力な酸化力は、ダイオキシン、CODの削減に絶大なる威力を発揮します。
当社ではオゾンとUVの組み合わせによる"光酸化装置"をエンジニアリング致します。資料請求のページからお問い合わせ下さい。