お困りごとから探す

冷却塔の維持管理

熱交換器のひとつであり、上部より水を落とし、大気と接触させて蒸発させる事で、水を冷却させる機能があります。但し問題点として大気中の粉塵・汚染物質で水が汚染されたり、循環する間の蒸発による濃縮がある為、定期的に一定量の水を入れ替える必要があります。また、水が腐ったり藻が発生する事から、レジオネラ菌の温床にもなる為、防腐剤や防錆剤等の薬品を投入しなければなりません。

「維持費(メンテナンス経費)の削減」または、「熱伝導率改善・向上」

  • 薬剤の費用負担
  • 充填材に付着するシリカスケール障害
  • 清掃経費負担
  • 藻の大量発生
  • 補給水の管理負担   ・・・etc

少しでも経費を削減させたい事業者様、簡単にお悩み解消致します!

事前調査の実施

まずは、現状の状態を目視確認すると同時に採水を行い、検査します。

目視確認 シリカスケールの付着具合、藻の発生具合
薬剤の確認 現状使用中の薬剤の種類及び投入量
補給水量 頻度および量
採水検査 阻害要因(+帯電因子)混入確認
すぐに対策を検討したい